Raspberry Piのハートウェア支援に対応したffmpegをクロスコンパイルした。

ここここを参考にgitの最新のffmpegをconfigureしてみたが、通らず。

--extra-libs="-ldl -lrt"

を追加する必要があった。

$ ./configure --enable-cross-compile --cross-prefix=/usr/bin/arm-linux-gnueabihf- --arch
=armhf --target-os=linux --prefix=/usr/arm-linux-gnueabihf --enable-omx-rpi --enable-mmal --sysroot=/usr/arm-linux-gnuea
bihf/opt/vc --extra-cflags="-I /usr/arm-linux-gnueabihf/opt/vc/include -I /usr/arm-linux-gnueabihf/opt/vc/include/IL" --
extra-libs="-ldl -lrt"

こんな感じになった。

それにしても、Bash on Ubuntu on Windowsは素晴らしい。

割と簡単にクロスコンパイルができてしまった。素晴らしいのはUbuntuかな。しかし、ここまでWindowsが使いやすくなっていたとは、予想外だ。

https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?f=67&t=171057

結局、MPEG-2からH.264へのエンコードは画質が悪くて、いまいちだった。あれだけ省電力だから仕方がないか…。x264とは比べ物にならなかった。

追記:

-b:v 1000k -sws_flags fast_bilinear -s 640x360

を付けたら、いい感じになった。リサイズしているが、CPUは50%くらいしか使わない。画質も、まあまあだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です