NUROのが遅い

会社でNURO Bizが導入され、品質がそこそこ良かったため、自宅(戸建て)でもNURO光を導入してみた。が、個人向けは安価な分、品質も劣るかバラツキがある印象を受けた。契約から開通まで2か月以上かかり、初期契約解除が使えないのは悪質だと思う。もっとも、品質が低下したのは契約から3か月経った今なので初期契約解除も3か月無料解約特典プランも使い物にならない。
調子のいい時に速度測定を行ったときの結果は以下の通り。上りが400Mbps程度しか出ないが、限界の様だ。NUROの調子が悪いときはフレッツのPPPoEの方がRTT、速度共に良いことがある。スピードテストでは差が出ないが、Webサイトの閲覧では差が出ることもある。タスクマネージャー読みでスループットが出ていない様だ。フレッツに戻すと速くなるので多分NUROのバックボーンが細い。

NUROは下り941Mbps、上り419Mbpsほどだった。

フレッツ回線(PPPoE)の場合、 下り247Mbps、上り594Mbpsだった。今は解約してしまったが、excite.BBのIPoEの場合だと下りの速度はもっと出ていた。

NUROを引いて得られたメリットは以下の通り

  • RTT低下(IPoEは10ms程度あった)
  • 会社へVPN(IPSec NAT-T)接続したときの安定性向上(IPoEは何故か1Mbpsしか速度が出ず、PPPoEにしたとしても頻繁に切断された)
  • IPoEと異なり、サーバー公開できる

会社のNURO Bizは上り下りともに800Mbpsくらい出ることがあって快適だったが、個人向けNUROではフレッツより上りが遅いという結果になった。また、顧客とTeams会議を行った際に相手の音声が途切れ途切れで何言っているかわからない人がいたが、後で話を聞いたらその人も戸建てでNUROだった。地域によっては品質が低く、特に上り速度に大きな制限がある場合がある様だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。