RyzenでHyper-Vを使うとシャットダウンが遅くなっていた

Ryzen 7 1700のCPUを積んだPCでHyper-Vを有効にすると、シャットダウンがたまに遅れて、再起動したらイベントログにBugCheck 0x00000133とか残っていてブルースクリーンで落ちているという不具合が起きていた。電源を切りたいのに時間がかかるし、次回の起動も再起動扱いなので遅くなる。ダメもとでBIOSを最新に更新したら不具合がなくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です